ご存知ですか? 子どもの身体

こんにちは♪
 
入試に合格発表、卒業式やお別れ遠足も見かけるこの頃
 
お子さんの成長は本当に著しいですよね!
ほねつぎのキッズルームに来られるお子さんたちも、
本当にすくすくと大きくなっていかれてます♪
1461555424035
 
そんなお子様に目が向くこの時期。
お子様の身体は、見られていますか?
先日、ホンマでっかTVでも話題に上がっていた、
「ロコモ症候群」
ってご存知ですか?
 
今、お子さんの生活環境はどんどん変わり、
スマホやゲームの普及なども相まって、
外で遊ばない。走り回らないなど、
昔のように運動する機会そのものが減少し、
運動機能低下が起こっているそうです。
こんなデータも!
”中・高校の骨折率は、
2011年には、1970年の3倍以上に。”
※独立行政法人日本スポーツ振興センター統計より
でも、実は、小学生までの学年では減少や横ばいだそうです。
理由は外で遊ぶ機会が減少してるため、
そもそも骨折する機会自体が減っている事が
考えられるとのこと。
その後、中学・高校へと進学し、
部活動等で、身体の機能が追いつかないようです。
幼少期の運動量低下が、
結果的に中高生の骨折の増加を引き起こしている
という現実。。。。
では、大人になれば、、、
高齢になれば、、、
この状況を危惧し、
文部科学省も子ども達の調査をはじめているそうです。
① 片脚立ちがふらつかず5秒以上できるか
② しゃがみ込みできるか
(途中でとまらず、踵があがらず、後ろへ転倒せず)
③ 両腕が垂直拳上(耳の後ろまで)できるか
④ 体前屈で、膝を伸ばしたまま指が楽に床につくか
 
調査の結果 それぞれに問題があった児童の割合は、
①片脚立ち14.7%
②しゃがみ込み15.3%
③上肢垂直拳上7.1%
④体前屈23.3%
 
これら4項目のうち一つでも問題ある児童生徒は、
実に41.6%だったそうです。 ※1
このロコモ、
元々高齢者の機能低下予防のための概念だったんです。
子供の頃にこの項目に当てはまると、
将来的に不安要素が高まるとも言えます。
お子様のうちから身体創りが大切なんですね♪
お子様の身体が気になる!と思われた方、
是非、今月21日のKANEKOストレッチセミナーに
お越しください☆
ストレッチを教えてくださるのは、兼子ただし先生♪
kaneko1
兼子先生は、
まさに子ども達の健康を危惧されて、
学校に出向かれて姿勢教育を行う活動をされています。
お家で毎日出来るストレッチや、
姿勢・呼吸のポイントを教えて下さいます♪
こんな方が、熊本に来られる大大チャンス!
是非、お子様と一緒にお越しください♪
詳しくはこちらから
※1
『臨床栄養』2016年4月号
Vol.128 No.4 P460-464
医歯薬出版株式会社 平成28年4月1日発行より抜粋

関連記事

  1. 「ウエストー5㎝!?」KANEKOストレッチ研修

    こんにちは♪ 今日は、休院日に行った、 KANEKOストレッチ研修をお伝えします♪ 熊本では唯一☆ ほねつぎだけが導入している、 KANEKOストレッチ☆

  2. 夏に気になる?足裏の話

    こんにちは♪   夏になれば気になる? 足の裏のお話☆   この時期、書店に並ぶ雑誌にも「足裏」という言葉が結構見つかります! 「足裏か

  3. ほねつぎブログ~HKD月間①~

      いつもありがとうございます! 今日は総院長が担当いたします。 みなさん! もう、鍼灸施術は受けましたか? 鍼灸を受けたことが無い方、それはなぜですか?

  4. NEW★

    こんにちは♪ まだまだ余震が続きますね。。   一方、少しずつ生活も落ち着いて、 久しぶりにお会いする方々も増えてきていることが 心から嬉しい私達

  5. 人も技術も新しく♪

    こんにちは♪   先週の日曜日は午後に休診させて頂いて、 けやき通り、長嶺両院での 鍼灸を中心とした勉強会をさせて頂きました♪ 本部の方から指導の

  6. がんばろう熊本!

    こんにちは 皆さま、いかがお過ごしですか?   避難所での生活、親族のご家庭への避難、車中泊、 また復旧支援のお仕事の日々など、 普段とは違う生活