気になる子どもの集中力

こんにちは!

夏休みに入ってしばらく経ちますね。

 

患者さんの中には、「子どもと県外に行きます♪」

「孫と遊戯施設に行きました♪」という声を聞きます。

 

またほねつぎにも夏休みに入って、

お子さんを連れてこられる方が増えています☆

 

そんなお子さんと過ごす時間の多い夏休み。

お子さんの「姿勢が気になる」という方も多いのでは?

 

実は、お子さんの姿勢と集中力には大きな関係性があります☆

 

このような研究データがあります。

中学生と高専生を対象に、

「楽な姿勢」と背筋を伸ばした「良い姿勢」で、

それぞれ計算問題に取り組んだ結果
中学3年生210人を対象とした調査では、

正解率は「楽な姿勢」で51.4%だったのが、

「良い姿勢」では55.6%とアップ。

 

高専3年生40人への調査では「楽な姿勢」で55.3%

「良い姿勢」では61.1%

同5年生35人では「楽な姿勢」で59.2%

「良い姿勢」で67.8%

「良い姿勢」の方が、8.6ポイント高くなっている。

 

「楽な姿勢」は猫背が大半で、受験中の生徒や学生の後ろ姿を観察したところ、多くの背骨が曲がっていたという。

 

「猫背では頭が過剰にうつむき、

首や肩周りの筋肉が緊張を続けなければならない上、

肺が圧迫され脳の動きを悪くする。

また背骨が曲がっていると神経の動き、

血行の状態が低下し、計算にはマイナス」

「勉強するには、楽な姿勢の方がいいという人が多いが、そうではない。

集中力を高るには、自分の姿勢も見直した方がいい

と提案している。

引用…サレジオ高専 「日本カイロプラクティック徒手医学会第16回学術大会」

 

この研究データを見て分かる通り、

勉強するときの姿勢って、本当に大切なんです☆

 

呼吸器が大人に比べて小さい子どもは、酸素を脳に取り込む量が少なく、

その分集中しにくいと言われています。

 

これが猫背になれば尚更です…。

 

まとめると、

猫背などの姿勢→

呼吸が浅くなる→結果、集中力の低下、身体の不調

という事になります。

 

お子さんの将来にも関わることだから、心配になりますよね。

 

ここで、ご家庭でも簡単に改善できる対策を院長からお伝えします♪

もし、呼吸法ひとつで姿勢が維持できるとしたら・・・

その呼吸法のひとつが「深呼吸」になります!

 

え?たったそれだけで?

 

と思う方も多いと思いますが、

日本人は吐く習慣が多いので背中が丸くなりやすいんです!

 

日本人に肩こりが多いのも原因の一つはこれ!

 

息を吐くと身体は丸くなりやすいのですが、

吸うと肋骨が起き上がり姿勢が綺麗になりやすいんです!

 

深呼吸にも色んなレベルがありますが、

まずは皆さんが思う普通の深呼吸をされてください!

思いっきり吸って思いっきり吐く!

詳しく聞きたい方はご相談ください♪』

 

集中力や姿勢の根本である、『呼吸』を意識することで、

深呼吸をしっかり行う→姿勢がよくなる&集中力も高まる

という事でした☆

 

学校の宿題が出て、家庭で勉強する時間の多い夏。

お子さんの姿勢を気をつけて見てあげて下さいね♪

 

お子さんの姿勢、もしくはご自身の姿勢が気になる方、

ご相談承りますので、

いつでもおっしゃってくださいね♪

 

 

関連記事

  1. ほねつぎ須屋 ☆スタッフ紹介☆

    ~~~~~~~~~~~~~~ ほねつぎ須屋鍼灸接骨院 5月16日(水)オープン!! 096-346-2855 ~~~~~~~~~~~   こんにち

  2. みずあかり

    いつもありがとうございます! ほねつぎ熊本です。 皆さんは 『みずあかり』 というお祭りをご存知ですか? 僕は鹿児島県出身なもので 正直知らなかったです・・

  3. 兼子ただし先生、ストレッチセミナー開催いたしました!

    3月20日に、ストレッチ界のカリスマ☆ 兼子ただし先生をお招きして、 ストレッチセミナーを開催させて頂きました♪ 熊本初開催!!   くびれたい!

  4. 年末年始の営業時間のご案内(改訂)

    こんにちは♪   今年もあとわずかとなりましたが、 みなさま元気にお過ごしでしょうか?   寒い時期は、いつも通りの動作でも痛みの原因に

  5. お盆連動企画①

    ハニーメールでもご紹介しましたが、 日本人は古き良き時代から クーラーや扇風機が無くても生活できる知恵を持っていました。 それこそが古来から続く 『怪談話』

  6. 宮古ビデンス・ピローサ茶

    こんにちは♪ 昨晩より雨が続きますが、 皆さまも無事に過ごされていることを願っています。   梅雨の時期でも高温多湿の環境でも、 脱水状態になこと