平成けやき通り院

TOSHIKAZU KOMURA

小村こむら 敏万としかず

院長

1988年5月31日
鹿児島県
柔道整復師
機能回復訓練士

小村敏万 院長

私が治療家を目指したのには、数々の怪我や治療家の方との出逢いがあったからです。
小学生の時は、サッカーで捻挫をし、その時にテーピングしてくれた方に憧れを持ちました。
中学生の時には骨盤骨折をし、その時はカイロプラクティックの先生に治療して頂き、その時の身体の回復の早さに感動しました。
高校生の時は、体力が周りよりも劣っており、悩んでいた時にトレーナーの先生にトレーニング方法を教わり、更に身体のことに興味を持つようになり、この道に進むことを決意しました。
「健康」の大切さを沢山の方に教わり、今度は自分がその立場になって、一人でも多く「元気な方々」を増やし、一人一人の自己実現をサポート!を胸に皆様の人生に影響が与えられる存在を目指しております。

SHIGEHIRO NAKASE

仲瀬なかせ 滋宏しげひろ

副院長

1973年1月20日
大阪府
柔道整復師
機能回復訓練士

仲瀬滋宏 副院長

私が柔道整復師を志したのは高3の夏でした。肘をけがして、整骨院に行った所、「痛いのはここ?」とドンピシャで痛めた場所を当てられ、直感的に「この仕事だ!」と思いました。
資格を取得したものの、しばらくは他の仕事についていたのですが、阪神淡路大震災に遭遇。
その際、多くの人との出会いがあり、先輩方から「人生の師匠を持て」「他者に勝ろうとするだけの自信を乗り越え、弱い自分に勝とうとすることから人間らしさが始まる」などの言葉をもらいました。今、その恩に報いるために柔道整復師として頑張っています。
私の強みは経験の豊富さです。関西の病院や整形外科で10年以上の勤務経験があり、重篤な方の施術や脳血管障害のリハビリなど貴重な経験を積む事ができました。
そんな経験もあり、骨折後の施術と寝違いの施術が得意です。
お困りの事があれば、何でもご相談ください。

SAHO OKAMURA

岡村おかむら 紗帆さほ

管理鍼灸師

1993年8月27日
福岡県
鍼灸師

岡村紗帆 管理鍼灸師

私は学生時代、ずっとバレーボールをしていて、何度も怪我などの痛みに悩んだことがありました。
その時にお世話になったのは理学療法士の先生で、進路を決める際には、私も大好きなスポーツに関われる職業に就きたい!と思い、この鍼灸師という仕事を選びました。
実際に鍼灸師として働いてみると、腰痛や首肩こりなど日常生活での様々な痛みを感じてる方が多くいらっしゃいました。
そういう方の治療して笑顔になって帰って頂けると、私まですごく嬉しくなります。
そして、スポーツをしてる患者さんを治療して、「調子良かったよ!」
「試合で勝てました!」という言葉を頂くと、この仕事をしてて良かった!
とすごくやりがいを感じています!
私そんな笑顔溢れる院をこれからも作っていきたいと思っています。

SAORI IRIE

入江いりえ 彩織さおり

鍼灸マネージャー

1991年4月24日
福岡県
鍼灸師
Athlete Piltes AP™/
健康運動指導士

※ 土屋ホームスキー部トレーナー

入江彩織 鍼灸マネージャー

私は、中学・高校と陸上競技をしており、最後の大会で肉離れをしました。
いつもお世話になっていた鍼灸師の先生には、試合直前まで鍼灸治療をしていただきました。
もっとケアやトレーニングの有効的な方法を知っていたら、
怪我なく最高のパフォーマンスで競技生活を終えることができたのに…という悔しさから、
同じ想いをする人を減らしたいという理由で、鍼灸師の道を目指しました。
鍼灸は怪我だけではなく、病気(内臓疾患)や女性疾患、精神疾患など、
原因が分からない症状も改善することができます。
私は人と関わることが大好きなので、悩みに寄り添い一人でも多くの方のお力になりたいです。
そして皆様の咲顔を増やすお手伝いをさせていただきたいです。

MOE ONIZUKA

鬼塚おにづか もえ

勤務鍼灸師

福岡県
鍼灸師

鬼塚萌 勤務鍼灸師

私が鍼灸師を選んだ理由は、アトピーなどの疾患を患っている方やスポーツをする方など、
幅広く困っている方々の治療に携わることができる人になりたいと思ったからです。
元々イルカの調教師に憧れていましたが、自身のアトピーがひどく、
海に入る仕事は厳しいと思い諦めました。
そこでアトピーの治療にも注目されている鍼灸に惹かれ鍼灸師の道を志しました。
大学に入学し鍼灸を知っていくと、医療現場やスポーツの場でも活用されていると知り、
この資格を取得して幅広い分野で活躍できる鍼灸師になりたいと思うようになりました!
今特に学んでいることは東洋医学を用いた施術です。まだ知られていない東洋医学の魅力を学び、
一人でも多くの患者さんの健康に貢献したいです!

AYANO YAMAMOTO

山本やまもと 綾乃あやの

コンシェルジュ

1975年1月14日
熊本県
英語検定1級、
国連英検A級
ズンバインストラクター

山本綾乃 コンシェルジュ

私は元々、健康には非常に興味がありました。
この仕事通じて体の事、健康の事についてもっと知識を深めたいと思いこの仕事を希望しました。
又、小さい子どものお世話も出来ることも非常に楽しみでした。
私の強みは落ち着いて冷静に判断できるところです。
患者様には常に笑顔で接し、少しでも癒しを提供してきたいと思っております。
私が心から尊敬しているのはバレエダンサーの森下洋子さんです。
東洋の真珠と謳われ70歳を過ぎても現役で活躍されています。
彼女の言葉“1日基本レッスンを怠ると自分の身体が不調になるのがわかります。
2日怠るとパートナーに分かります。そして3日怠ると多くの人に分かります”
をいつも心に留めながら普段の生活、仕事、大好きなバレエのレッスンに励んでいきます。

KANAE HONDA

本田ほんだ 加奈絵かなえ

コンシェルジュ

1988年11月27日
熊本県
養護教諭一種免許

本田加奈絵 コンシェルジュ

私は、受付として働く中で、これまでに沢山の方と出会うことが出来ました。
患者様のおかげで楽しく仕事ができ、日々感謝の気持ちでいっぱいです。
一方で、患者様それぞれのお身体の痛みや悩みを施術スタッフのように直接治せない寂しさも時に感じます。
そんな時、「受付での会話が楽しみ♪」また「受付での時間が好き♪」などと言ってくださる患者様からの声に、やる気や元気を頂いています。
『微力ながら、自分自身も誰かの役に立てている』という実感と、様々な気づきと学びの機会をくださる患者様は、私にとって大切な存在です。
一人でも多くの方の笑顔とお喜びの声が溢れる院を目指し、これからも患者様に寄り添ってまいります。

長嶺院

KAZUKI SHIMODA

下田しもだ 一輝かずき

院長

1992年9月26日
熊本県
柔道整復師
機能回復訓練士

下田一輝 院長

私は、小さい頃からモノを作るのが好きで、料理人を目指していました。
しかし高校生の時、柔道整復師の父が治療を通じて患者さんに喜んでもらっている姿に、とても感銘を受けました。その時、自分も人に喜んでもらえる治療家になる!と決意しました。
好きな言葉は、「力なき正義は無力なり」というものです。
患者さんの役に立ちたい強い想いがあっても、技術が伴っていなければ助けることはできない。
治療の勉強は、すればするほどその奥深さに気づかされます。
一方で、優れた治療は人の体を大きく変化させる可能性もあり、とても魅力を感じています。
終わりのない治療の勉強が、私に一生涯「成長と刺激」を与えてくれる事を楽しみながら、
これからも「人の人生を変えられる治療家」を目指し続けます。

MASAFUMI NODA

野田のだ 将史まさふみ

管理鍼灸師

1992年10月11日
佐賀県
鍼灸師
健康運動指導士

野田将史 管理鍼灸師

学生の頃、柔道、水泳、卓球、バスケットボール、フットサルなど様々なスポーツを経験し、その度に色んなケガも経験してきました。
整形外科や接骨院などで治療を受け、先生方の姿に「かっこいい!こんな仕事もあるんだ」と思い、将来スポーツに携わる仕事がしたいと、鍼灸スポーツ学科のある大学に進学しました。
鍼灸治療はテレビで見た事しかなかったですが、大学で勉強をしたり、大学の先生の治療を実際に経験した事で、鍼灸の価値や可能性を知ることができました。
こんなにすごい治療が世の中に広まっていない事を不思議に思い、もっと世の中に広めていきたい!とほねつぎで働いています。
私の強みは、好奇心旺盛で負けず嫌いな事です。常に新しい事に挑戦し、挑戦する事でできるまで諦めない精神が出てきます。これからも様々な治療技術に挑戦します!

ERIKA KITAGAWA

北川きたがわ 恵利華えりか

勤務鍼灸師

1994年12月28日
熊本県
鍼灸師
健康運動指導士
レクリエーションインストラター

北川恵利華 勤務鍼灸師

私は3回フルマラソンを完走した経験があります♪
3回目はほねつぎのメニューも受けて、自己最高記録を出す事ができました♪
元々、中学高校時代に陸上をしていた事もマラソンを走るきっかけでした。
陸上をしていた頃は、ケガをする事が多くその度に鍼灸治療を受けて、痛みをとってもらっていました。その時に部活を見てもらっていたトレーナーさんの影響もあり、鍼灸師のとしてスポーツをする人の力になりたいという思いで鍼灸師になりました。
私が日々大切にしている事は、「心も元気になってもらう」事です。
痛みや辛さを取って元気になってもらう事はもちろん、笑顔や会話で心も元気な状態で、
日常生活に戻ってもらえる事を心掛けています♪

YUKI YAMASHITA

山下やました 祐毅ゆうき

勤務鍼灸師

1996年2月13日
熊本県
鍼灸師
健康運動指導士

山下祐毅 勤務鍼灸師

私は学生時代サッカー部で、その時指導して下さった方の影響で
トレーナーになりたいと思うようになりました。
大学でトレーナーについて学ぶうちに、鍼灸の魅力にひかれ、鍼灸師を志すようになりました。
私の強みは、人見知りせず色んな方に接する事が出来る事です。
治療の時には楽しい会話を弾ませながら、身体のことをしっかり説明させて頂きます。
患者様との何気ない会話からたくさんの気づきや学びを得る事もあり、
私自身の成長にも繋がっていると実感しています。
私は、「頼まれ事は、試され事」という言葉を大切にしています。
何かを頼まれたときは断らず、相手の期待以上の行動が出来るように意識してます!
私は、鍼灸施術で痛みを取ったり、可動域を広げる事が得意です。
これからも鍼灸治療の高い効果を様々な方に提供できるよう、努力し続けます。

AKIKO SHIBAYAMA

柴山しばやま 明子あきこ

取締役
ウェルネス事業部部長

1981年5月16日
大分県
柔道整復師
NASM-PES/Core Power Yoga CPY®
/Athlete Piltes AP™
/AEAJアロマテラピー検定1級2級

※ 再春館製薬所バドミントン部トレーナー

柴山明子 取締役 ウェルネス事業部部長

18年間バドミントン競技を経験し、実業団選手という重圧や責任感を感じてバドミントンを仕事としてやる大変さを感じました。その中で、多くの怪我や女性特有の体調不良を抱えながら長期間競技を続けることの難しさも実感いたしました。
左膝前十字靭帯損傷という怪我とチーム廃部を2度経験し、24歳で現役を引退する際に、私のように怪我で苦しむ女性アスリートをサポートする仕事に就きたいと思い、柔道整復師の資格を取得する決断を致しました。
そして、多くの人に感動・勇気・夢を与えられるアスリートの身体をケアし、サポートすることで、同じ使命を果たせると思っております。
大切にしていることは、「愛」です。愛の実力を磨き、関わる全ての人と共に幸せな人生を創造していきたいと思います。

AKIRA BABA

馬場ばば 晶 あきら

助手

2000年12月15日
熊本県

※ 柔道整復専門学校1年生

馬場晶 助手

私がこの仕事を選んだのは、小さい頃から家族の肩を揉むと上手だと褒められる、
それがとても嬉しくて、本格的に学びたいと思ったのがきっかけでした。
そんな私が大切にしてる言葉は「努力」です。
部活で剣道をしていた時、私は周りより体が小さいため、「他の人の2倍努力をしなさい」と顧問の先生に言われていました。練習はとても大変でしたが、努力し続けた事で試合に勝てたりキャプテンを任されるようになったりと、自分の頑張りを認められる出来事が沢山ありました。
そんな経験から、「努力」という言葉をとても大切にしています。
現在は、柔道整復師の資格を取るために、県外の学校に通い、毎日勉強しています。
早く資格を取って一人でも多くの患者さんの役に立てるよう、これからも努力し続けます!

YUKI OKUZOE

奥添おくぞえ 有希ゆき

コンシェルジュ

1987年10月13日
熊本県
小学校教諭第一種免許

奥添明子 コンシェルジュ

元々は、明光義塾で教室長の仕事をしていました。結婚を機に退職を考えていましたが、
同じグループのほねつぎの受付をしてみないかと言っていただいたのがきっかけです。
この会社に入ってから、とても成長させていただいたので、ほねつぎでたくさんの方の健康に携わりながらもさらに成長していけると感じ、この仕事をさせていただいてます!
また、人の喜ぶ姿がとても好きなので、患者様が良くなった、楽になった、ということがとても嬉しく、やりがいを感じます!
人と話すことも好きです!そんな私が大切にしている言葉は、「笑う門には福来る」です。
常に笑顔を心掛け、これからも笑顔で皆様のお越しをお待ちしております♪

KAORI MIURA

三浦みうら 花織かおり

コンシェルジュ/
推進部アシスタント/
マネージャー

1988年6月21日
熊本県
アロマテラピー検定1級

三浦花織 コンシェルジュ 推進部アシスタント マネージャー

私は元々、塾で働いていましたが、結婚を機に同じグループのほねつぎに誘って頂きました。
当時、健康への知識も意識も乏しかったのですが、ほねつぎに来てから、姿勢の事、自律神経の事、食事の事、水の事、など沢山の事を学ばせて頂き、知識も意識も各段にアップしました。
入社前は病気を患っていましたが、段々自身も健康になり、今は元気に働く事ができています♪
また、ほねつぎの先生たちとの出会いは、「こんなにも相手の身体の事を真剣に考えてくれる人がいるんだ」という驚きと感動をもらえ、家族や友人など大切な人達にも紹介し、みんな心地よく通ってくれています♪
私は近くにいる人が笑顔でいてくれる事にとても喜びを感じます。だからこそ、お痛みを患っていた方が良くなる姿を見ると、本当に幸せになります。これからも、皆様のお力になれるよう努力してまいります。

須屋院

MAKOTO TSUCHIYAMA

槌山つちやま まこと

院長

1983年5月21日
熊本県
柔道整復師
証券外務員一種

槌山誠 院長

私がこの道を選んだきっかけは、「父の死」でした。
それまで銀行勤務をしていましたが、大切な人が苦しんでいる時に、何もする事が出来ない自分の無力さを痛感しました。痛みで苦しんでいる状態を少しでも改善させ、また本人だけでなくその家族や友人にも元気になってもらいたいという想いから28歳でこの道を志しました。
そのため、「病気になりにくい」「不調になりにくい」身体づくりなど後悔しないための予防医学を世の中に浸透させていきます。
関わる全ての方に、まだまだやれるという「やる気」と、大切な方が健康でいれる「感動」をお届けできるよう、使命感を持って取り組んでまいります。
お悩みがあればいつでもお気軽にご相談ください。真剣に向き合わせて頂きます!

TAKEFUMI SHIMAMOTO

島本しまもと 武史たけふみ

勤務柔整師

1978年10月21日
埼玉県
柔道整復師
機能回復訓練師

島本武史 勤務柔整師

私がこの仕事を選んだのは、体調を崩して会社を辞めて療養している時、ある先生と出会い、強く影響を受けた事がきっかけでした。その先生は短時間の治療で効果を出す技術をお持ちの方でした。
その方に「せっかく、身体を壊して人生の転換期を神様が教えてくれたんだから、治療の道に進んだらどうか?」と誘って下さいました。それまでは医療関係の仕事には興味ありませんでしたが、 先生の言葉に大きく感銘を受け、治療家の道を選択しました。
私のモットーは、自分の感性を信じて自由に生きること。
30歳を過ぎていましたが感じた想いを大切に、柔道整復師の免許を取得する為、関東の治療院に勤めながら、専門学校に通いました。そして、今はご縁があり、ほねつぎ熊本で働いています。
私の強みは、一つのことに対していろいろな角度から考えて、集中して取り組めること。
好きな言葉は、温故知新です。死ぬまで学び続けます!

HIROTAKA MORI

もり 大貴ひろたか

管理鍼灸師

1992年4月13日
熊本県
鍼灸師
アロマテラピー検定1級

森大貴 管理鍼灸師

私がこの仕事を選んだ理由は、「健康寿命への想い」があったからです。
“平均寿命”はだんだん伸びていっているが、”健康寿命”との間には大きな差があります。
関わる人の健康寿命を伸ばし、「自分の意思でいつまでも好きな事を好きなだけできる人」
を1人でも増やしたいと思い、この仕事を選びました。
以前介護の現場で勤めていた際に「心は元気なのに体が元気ではない」事で、
やりたい事を諦めている方が沢山いる事に気づきました。その時に、
「健康寿命を延ばせる一助になりたい!』と本気で思いほねつぎに入社しました。
また、美容鍼の施術が得意です。自分の肌に自信を持たれる姿を見ると、
とても嬉しく、もっと力になりたい!という想いも増してきます。ぜひご相談ください。

YUTA GOTO

後藤ごとう 優汰ゆうた

勤務鍼灸師

1996年1月9日
熊本県
鍼灸師
日本コアコンディショニング協会
ベーシックセブン

後藤優汰 勤務鍼灸師

私がこの仕事を選んだのは、高校時代にケガで整骨院の治療を受けた事がきっかけでした。
野球部のチームメイトも同様にケガをしていて、試合でもっと成績を残すには、痛みの緩和や、ケガをしない事が必要だと感じていました。そして、お世話になった整骨院を調べ、その後鍼灸スポーツ学科の存在を知り、ケガで悩んでいる人の力になりたいと入学を決めました。鍼灸で筋肉に治療が出来る事は知っていましたが、大学で内科的疾患の治療もできる事を知り、鍼灸の価値をもっと広めたいと思うようになりました。
また、大学のアルバイト先で「医食同源」という言葉を教えていただき、食事や薬膳にも興味が湧いていたので、今はその勉強も行っています。
これから、より多くの方に鍼灸の魅力を知ってもらい、身体の外側と内側、両方から皆様の健康を支援できるように学び続けます。

SHOTA ICHIHARA

市原いちはら 翔太しょうた

トレーナー部門
チーフトレーナー

1989年5月12日
熊本県
理学療法士
コアパワーヨガ CPY
BESJマットピラティス インストラクター
Pilates with Elosti bord インストラクター

※ 土屋ホームスキー部トレーニング開発担当

市原翔太 トレーナー部門 チーフトレーナー

私は、小学生から高校生までの9年間野球を経験しました。
高校時代は投手をしていましたが、肩の故障に苦しみました。自分のように故障に苦しむ選手の手助けをしたいとの思いで、理学療法士としての道に進みました。病院勤務時はスポーツ選手から高齢者までの幅広い年齢層の方々のリハビリを行ってきました。
病院勤務のかたわら、大学や高校の野球部のトレーナーとして経験を積み、活動していく中で「けがの予防+パフォーマンスの向上に繋がるトレーニング」の重要性に気づき、治療と競技特性に応じたトレーニング指導を行ってきました。
トレーナー活動を行う中で、「熊本のスポーツを盛り上げる事に貢献したい」という気持ちがさらに強くなり、多くのプロスポーツ選手のサポートをしているほねつぎ熊本へ入社させて頂きました。
「クライアントファースト」をモットーに今後もさらに活動していきます。

WAKANA KADOGUCHI

門口かどぐち 稚菜わかな

コンシェルジュ

1992年5月14日
熊本県
電卓技能検定2級

門口稚菜 コンシェルジュ

患者様が来院して最初に接するスタッフが受付スタッフです。
だからこそ、受付は「その院の顔」になるので、明るく元気に出迎えたり、気持ちの良い挨拶をしたりする事を大切にしています。痛みがあって来院される患者様がほとんどなので、そのお痛みに寄り添った対応を心がけています。
痛みがひどく、つらそうだった方が通院されて痛みが緩和しするにつれ、笑顔が増えて嬉しそうにお話しくださると私も嬉しくなります。
受付の仕事は患者様の来院対応から保険の処理など多岐にわたり、大変な事もありますが、元気になられた患者様の姿を見ることが、私の頑張る原動力です。

AKIKO OCHIAI

落合おちあい 明希子あきこ

コンシェルジュ

1985年7月1日
熊本県

落合明希子 コンシェルジュ

私がこの仕事を選んだ理由は、「人の笑顔」が好きだからです。
受付として、患者さまの笑顔のために何ができ、どんなお役に立てるのか考えながら仕事をしています。患者さまの「痛みが軽くなってきた」「ここにくると元気になれる」のお言葉に私まで嬉しくなります。 私の強みは、些細な変化に気づけることです。患者さまの様子にお変わりがないか、常にアンテナを張って対応しております。そして、何か気になるご様子があればすぐにお伺いしています。
お困りの事があれば、いつでもお声掛けください。
私のモットーは「笑顔」です。受付は、初めていらっしゃる方の窓口になります。初めての方に少しでも安心感を持っていただけるように、笑顔を大切にしています。
また、私が大切にしている言葉は、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉です。知識や徳がついた人間ほど、頭の位置が低い謙虚な人間になるというこの言葉にいつも学びを感じています。
自分自身まだまだ未熟な中で、この言葉に学び励まされながら生きていきたいと思っています。